ぶっちゃけ

続けやすいバイトの特徴ランキングBEST7【実体験】

ためいき

どうしたんだい

バイトが続かない

バイトが続かない人

 

世の中には”続けやすいバイト”と”続けにくいバイト”の2種類があると思うんだ。

どうせやるならやっぱ続けやすいバイトをやりたいよね?

 

そこで今回は10個以上のバイトを転々としてきた僕が

続けやすいバイトの特徴7つ

をランキング形式で紹介するよ。

 

続けやすいバイトの特徴

それじゃさっそく続けやすいバイトの特徴を発表していくよ。

 

7位 単調すぎない

長く続けられるバイトの条件として単調すぎないってのは大事だよね。

 

どんな楽なバイトでもやっぱり作業が単調すぎるとすぐ飽きちゃうもん。

ある倉庫で1時間ぐらい作業したと思ったら10分しか経ってなかった時は絶望したよ。

 

その日以降二度と行かなかったのは言うまでもないよね。

 

6位 時間が長すぎない

時間が長すぎないってのも続けやすいバイトの特徴のひとつ。

 

経験上8時間はムリだね。うん。

もちろん8時間以上なんて論外。

 

頑張って7時間。

理想としては3時間ぐらいがベストかな?

・・・とはいえそれじゃ給料が少なすぎるから、フリーター時代は6~7時間ぐらい妥協して働いてたよ。

 

5位 話し相手がいる

話し相手がいるかどうかってのは意外と重要。

 

というのも話し相手さえいれば、嫌いな奴がいたりシンドイ作業があっても愚痴が言えるからね。

たいてい同じ仕事やってりゃ同じような愚痴がたまってるワケだから、それをお互いに吐き出し合えばスッキリするってもんよ。

 

逆に吐き出す相手がいなければ、ストレスはドンドン溜まっていく一方だからね。

ボクの経験上、話し相手がいなかった職場はほとんど3週間以内にやめてるよ。

 

4位 ある程度自由に動ける

ある程度自由に動けるってのも重要な項目の一つ。

 

あれやれこれやれって指示してくるような所だとウザくてあんまり続かないね。

すぐ指示出したがる人って口ばっかで要領悪い人が多いからイライラするんだ。

 

これを防ぐにはオープニングスタッフがやっぱりベストかな?

初期メンバーからいれば古株のエラソーな人たちに指図されなくて済むからね。

 

3位 家から近い

家から近いってのは必須条件。

一日の時間が増えるし、通勤の面倒くささも激減するからね。

 

よっぽど給料のいい会社ならともかく、たかがバイトでわざわざ遠くまで通勤するってのは時間の無駄としか思えないよ。

遠くても30分以内、できれば15分以内の範囲に仕事場があるのが理想かな。

まぁ、あんまり近すぎると近所のオバサンとかがいて別の面倒さがあるから微妙なところだけどさ。

 

2位 イヤな奴がいない

続けられるバイトの条件としてこれまた重要なのがイヤな奴がいないってこと。

 

まあボクの場合けっこうすぐに人を嫌いになるから、イヤな奴が全くいないってのはあり得ないんだけどさ?

イヤな奴にも種類があって、

  1. 嫌いだけどさほど害はない人
  2. 悪い人じゃないんだけどなんかムカつく人
  3. やたら攻撃的だったり文句ばっか言ってくる人

の3パターンがあるよね。

1,2番はまあ我慢できるんだ。

 

だけど3番がいるバイトってのはもう最悪。

とくに3番が古くからいて権力持っちゃってるパターンね。

こういうのはイライラして仕方ないからすぐ辞めちゃうかな僕は。

 

...まあよっぽど他の条件が良ければ話は別だけど。

 

1位 魅力的な異性がいる

魅力的な異性がいるかどうかっていうのは重要だよね。

 

人間ってやっぱりご褒美がないとやる気が出ないもの。

魅力的な異性と話したりできるって言うのは立派なご褒美になるからね。

 

とにかく魅力的な異性がいるかどうかで仕事のモチベーションってのは180度変わってくるのよ。

 

まとめ

以上、続けやすいバイトの特徴ランキングでした。

これらの条件全てを満たす必要はないんだけど、それでもやっぱり長く続いたバイトは当てはまる項目が多かったね。

 

-ぶっちゃけ

© 2021 令和ブログ論 Powered by AFFINGER5