バイクのヤエーがうざい

バイク

ヤエーがうざい5つの理由【気持ち悪いから強要すんな】

 

あまり大きな声で言いづらいのだが、ずっと思っていたことがある。

 

バイクの『ヤエー』がうざい。

 

ちなみに『ヤエー』とは、バイク乗り同士がすれ違った時に手を挙げてする挨拶のことだ。

 

ヤエーをしてくる人間に悪気がないのは分かってる。

だからこれを言うのは申し訳ないし、書こうかどうか迷った。

だがやっぱりこういう人間も一定数存在することを知ってほしい。

 

なぜヤエーがうざいと感じるか?

なぜヤエーが気持ち悪いと感じるか?

 

その理由を今回は語っていきたいと思う。

 

ヤエーがうざい理由

ヤエーがウザい理由

ヤエーがウザい理由は全部で5つ。

さっそく順番に紹介していこう。

 

馴れ馴れしい

ヤエーがウザいと感じる理由として、まず挙げられるのが馴れ馴れしいということだ。

バイクに乗っていて対向車線からヤエーをしてくる人間。

これは十中八九まったく知らない人間である。

 

知らない人間がただバイクに乗ってると言うだけで仲間意識を持って挨拶してくる。

こっちはお前らの事なんか別に仲間だとも何とも思っていない。

 

「犬好きに悪い人はいない」

「悪い奴らはみんなトモダチ」

とかと同じような気持ち悪さがヤエーにはある。

 

バイクに乗ってるという共通点が一つあるだけで、なぜおまえらは仲間だと錯覚するんだ?

 

ヤエーは危ない

ヤエーは気持ち悪い

ヤエーは危ないというのも、ヤエーをウザいと感じる理由のひとつだ。

とくにヤエーを立って行ったり、右手を挙げたり、コーナリングでやる人間。

正直B○KAとしか思えない。

 

ヤエーが危険だと言うと、中には

「それはテクニックがないからだ」

と抜かす輩もいる。

 

彼らは自分のテクニックに絶対の自信(たいてい勘違いだが)を持っているのだろう。

しかし公道ではテクニックとは関係なしに様々なトラブルが発生しうる

 

たとえば

  • 突然野生動物が飛び出してくる
  • 対向車線の車がセンターラインを越えてカーブを曲がってくる
  • 虫や鳥のフンなどが突然目の前に飛んでくる
  • 落ち葉や地面の凹凸などによってハンドルをとられる

などなど、予期せぬアクシデントというのは公道を走っていれば多々遭遇する。

 

そんなときにブレーキとアクセルを操る右手を放していたらどうなるだろう?

そうしたことを考えれば、ヤエーが危険なのは言うまでもない。

 

ヤエーは無視しづらい

ヤエーを体験したことがある人は分かると思うが、彼らは唐突にヤエーをしてくる。

そしてとっさに反応できず、無視をしてしまった経験がある人も多いのではないだろうか?

ヤエーを無視してしまうと、どうしても罪悪感のようなものが出てくる。

 

するとそれからはバイク乗りが対向車線からやってくるたび身構えてしまう。

「ヤエーをしてくるかもしれない」

「ヤエーを無視するのは悪いから反応できるように注意しておこう」

...といった感じだ。

 

このせいで、ライダーとすれ違うことの多いツーリングスポットはやたら気疲れする。

なんで一人気ままに走るのが醍醐味のツーリングで、見ず知らずのやつに気を遣わなければならないのか?

そう考えると「ヤエー=うざい」という感情が芽生えてくるのである。

 

ヤエーを気持ち悪いと言えない風潮がうざい

バイクのヤエーがうざい

 

「挨拶を返さない人間は人として問題がある」

このような常識が世の中にはある。

 

だがもし仮に、街を歩いていてすれ違っただけの人間があなたに挨拶してくるとしたらどうだろう?

 

そのたびあなたは挨拶を返す必要があるだろうか?

面倒くさいと思わないだろうか?

というか、すれ違っただけの見ず知らずの人間に挨拶されたら気持ち悪いと思わないだろうか?

 

 

バイクのヤエーも実際はそれと大して変わらない。

だが歩行者同士だったら気持ち悪いのに、バイクのヤエーは気持ち悪いと言えない風潮がある。

むしろヤエーを気持ち悪いと言えば「挨拶も返せない非常識な人間だ!」と非難される。

 

おかしな話だと思うのは僕だけだろうか?

 

バイクは好きだけどバイク乗りは好きじゃない

僕はバイクは好きだがバイク乗りは好きじゃない。

もっと正確に言うと、バイク乗りには好きじゃないタイプの人間が多い。

 

たとえば街を走っていれば必ずマナーの悪いバイク乗りを見かけるし、バイク用品店に行けば見るからにDQNな人間があちこちにいる。

運転は荒いし、危険予測がまったくできていない運転者が車と比較してもはるかに多い。

 

ツーリングスポットにある道の駅にたむろしているバイク乗りとも正直関わりたくない。

爆音で走ってるバイク乗りなんて頭がイカれてるとしか思えない。

関連記事爆音バイクに乗る6つの心理!うるさいだけなのになぜ?

 

このようにバイクそのものは好きだが、バイクに乗ってる人間は嫌いなタイプが多い。

嫌いな人間から馴れ馴れしく挨拶されて嬉しい人間がどこにいるだろうか?

これが「ヤエー=うざい」という想いにつながる。

 

ヤエーがうざい最大の理由

以上、バイクのヤエーがうざい5つの理由をここまで話してきた。

おさらいすると以下のようになる。

ヤエーがうざい理由

  • 知り合いでもないのに馴れ馴れしい
  • ヤエーは危険を伴う行為である
  • ヤエーは無視しづらい
  • ヤエーは気持ち悪いと言えない風潮がある
  • そもそもバイク乗りに嫌いな奴が多い

 

そしてヤエーがウザい理由として、何と言っても大きいのが

「ヤエーを無視した人間を悪く言う人間」

が多いからだ。

 

これは好意の押し売りとよく似ている。

求めてもいない”おせっかい”を勝手にしてきて、期待するような反応が返ってこないと

「せっかくしてやったのに・・・」

と相手を非難する。

お前らが自己満のために好きでやったくせに、相手を悪く言うのは違うだろという話だ。

 

 

そしてヤエーをウザいと思う理由は、この余計なおせっかいと通づるものがある。

 

お前らが勝手に好きでやってる『ヤエー』という気持ち悪い文化を、なんで全てのバイク乗りが守ることを強要するんだ。

好きな奴同士で勝手にやる分には構わないが、ヤエーを無視した人間を非難するのは違うだろう?

見返りを求めるなら最初からやるなと言う話だ。

 

以上の理由から僕は

「ヤエーはウザい」

「ヤエーは気持ち悪い」

と思っている。

 

いやもっと正確に言うならば、ヤエー自体が気持ち悪いというよりも、ヤエーを強要する文化が気持ち悪いといった感じだ。

 

※ただし女子ライダーからのヤエーを除く

 

関連記事爆音バイクに乗る6つの心理!うるさいだけなのになぜ?

-バイク

© 2022 チャマビアブログ Powered by AFFINGER5