その他

サラダ油は燃える?燃えない?その理由は?

ライターなどの火を近づけた場合、サラダ油は燃えるのか?

結論から言うとサラダ油は燃えません

 

「火に油を注ぐ」

ということわざから、なんとなく油に火を近づけたら燃えそうなイメージがありますよね。

ですがライターを近づけただけでサラダ油が燃えるということはありません。

 

ちなみに燃えやすさで言うと以下のような順番になります。

ガソリン>>>灯油>>サラダ油

 

サラダ油が燃えない理由

なぜ火を近づけてもサラダ油は燃えないのか?

 

これは引火点が関係しています。

サラダ油の引火点はおおよそ250℃以上といわれているので、なかなか燃えないのです。

 

一方でライターの温度は800℃以上と言われています。

800℃なら引火するんじゃないの?と思うかもしれないですが、熱が移動し油自体の温度が250℃以上にならなければ引火しないのです。

 

ヤカンでお湯を沸かしたことがあれば分かりますが、ちょっと高熱で炙ったところで、そうすぐに水の温度は変わりません。

一般的なコンロの温度は1800℃前後ありますが、100℃まで温めるのにすら時間がかかります。

それを考えればちょっとライターを近づけたぐらいで油の温度が250℃以上になるわけがないのは当然と言えるでしょう。

 

ちなみに

  • 灯油の引火点は50℃前後
  • ガソリンの引火点は-40℃前後

と言われています。

 

まとめ:サラダ油が燃えることはない

以上のようにライターを近づけたぐらいでサラダ油が燃えることはありません。

-その他

© 2021 令和ブログ論 Powered by AFFINGER5