ぶっちゃけ

ニュースを見ないほうが幸せを引寄せられる4つの理由【時間をドブに捨てるな】

 

小さい頃から不思議に思っていることがある。

人はなぜニュースが大好きなのか?

 

ウチの親も例にもれず、昔から毎日朝晩ニュースを見ていた。

おまけに最近はテレビだけでなく、スマホでもニュースをチェックしている。

 

 

ある時ボクは母親にこう尋ねた。

 

こども
なんで母さんはそんなにニュースが好きなの?

 

すると母親はこう答える。

 

おばさん
別に好きなわけじゃないよ。でも大人はニュースを見ないとダメなんだよ

 

幼いボクには全く理解できなかった。

というか大人になった今でも全く理解できない。

 

ニュースを見ない方が幸せを引き寄せられる

 

僕はこう思っている。

 

ではなぜニュースを見ないと幸せになれるのか?

今回はその4つの理由を語っていこう。

 

ニュースを見ないほうが幸せを引き寄せる理由

ニュースを見ないと幸せになれる

 

ニュースを見ないほうが幸せになる。

その理由は以下の4つである。

  1. ニュースを見ないからといって不都合はない
  2. 負の感情を引き寄せるニュースがほとんど
  3. ニュースメディアはどれも偏っている
  4. その時間を他のことに使ったほうが幸せになれる

 

ニュースを見ないからといって不都合はない

そもそもニュースを見ないからといって困ることはほとんどない

「世間で話題になってることを知らないと...」などと言うが、世間の話題を知ってあなたに何かメリットがあるだろうか?

 

たとえばここ最近でいえば、もっぱらコロナ騒動に関するニュースが垂れ流されている。

 

「今日は○○人の感染者が出ました!」

「○○日連続で陽性者数が増加しています!!」

 

これを知っていったい何のためになるのだろうか?

 

個人でできることなんて2年前からずっと変わっていない。

マスコミのやってることと言えば、ただいたずらに恐怖感を煽って、ヒステリックな国民を大量に生み出してるだけじゃないか。

 

コロナ関連に限らず、知らなくて困るニュースなどまず存在しない

 

実際職場の会話でもニュースを知らなくて困った事など一度もないし、分からなかったら訊けばいいだけの話である。

仮にニュースを知らないことで馬鹿にしてくる人間がいるとしたら、単純にそいつが馬鹿なだけだ。

 

 

「ニュースを見ない大人はダメだよ」

なんてセリフを平然と吐く人間は多いが、僕からすれば

「大人なのにまだニュースの無駄さに気づいてないの?」

という話だ。

 

どうしても必要な情報なら5分もあればネットで一瞬のうちに見れるだろう。

ダラダラとくだらないニュースを見続ける必要はない。

 

負の感情を引き寄せるニュースがほとんど

ニュースを見ると不幸になる

 

基本的にニュースは視聴者に負の感情を引き寄せるものが多い。

 

だれが刺されただとか、どこで放火事件が起こっただとか...

どれもこれも負の感情を呼びおこすニュースばかりであり、そしてなにより自分の人生にはまったく関係ないことである。

 

 

ネットではいまだに池袋のプリウスじいさんに怒り狂ってる人が少なくない。

だがあれは氷山の一角であり、似たような胸くそ悪い事件は探せばいくらでも出てくる。

 

世間の人々はなぜそんなキリのない胸くそ事件を見続けるのか?

なぜ不快になることを自ら進んでやるのか?

僕にはサッパリ理解できない。

 

加害者に怒りをぶつけたところで何かプラスがあるはずもなく、

結局は無駄にストレスをためてるだけに過ぎないだろう。

 

ニュースメディアはどれも偏っている

ニュースを見ると不幸を引き寄せる

 

昨今のニュースメディアというのはどれも偏っている

コロナ騒動におけるテレビの偏向報道は完全に一線を越えてしまったと言っていいだろう。

(扇動される方もされる方だが......)

 

 

ならばネットニュースはどうだ?

 

......残念ながらこちらはTV以上に醜い惨状になっている。

いや正確に言うと、ニュースそのもの以上にそのコメント欄が地獄なのだ。

 

スマホの普及により、誰もがネットに書き込めるようになった。

その結果、ネット上には最低限の知識・知能すら持たない人間がそこら中に蔓延し、どこもかしこも驚くほどレベルの低い書き込みで埋め尽くされている。

これは日本一のニュースサイトと呼ばれるヤフーニュースを見れば一目瞭然だろう。

 

最近でいえば小室さんの話題なんかは特に彼らのイカレ具合が顕著だった。

アレが異常と分からない人間は、メディアの偏向報道にどっぷり毒されていることを自覚したほうがいい。

 

その時間を他のことに使ったほうが幸せになれる

ニュースを見ない人よりもイライラ

 

SNSなどを見ても明らかだが、たいていニュースを見た人間はその後何かに対して怒っている。

傍から見ると実にバカバカしい話だ。

 

自分からわざわざ不快になると分かっているものを視て、案の上そのあと怒り狂ってヒステリーを起こす。

時間の無駄以外の何物でもない。

 

先の小室さんの話では

「我々の血税が~!!」

などと息巻いていたが、小室さんに見当違いの怒りを延々とぶつけるよりも、自分のために時間を使ったほうがよほど幸せになれるだろう。

 

 

これは小室さんのニュースに限らない。

あらゆるニュースは何もプラスになるものが得られず、ただいたずらに時間を消費する。

 

この無駄な時間を何か別のものに充てることができれば、

おそらくあなたの人生は今より幸せなものになるだろう。

 

ニュースを見ないほうがいい理由まとめ

以上、ニュースを見ないほうが幸せになれる理由を語った。

もう一度おさらいすると以下のようになる。

 

ニュースを見ないほうが幸せになれる理由

  1. ニュースを見ないからといって不都合はない
  2. 負の感情を引き寄せるニュースがほとんど
  3. ニュースメディアはどれも偏っている
  4. その時間を他のことに使ったほうが幸せになれる

 

ハッキリ言って

ニュースは見れば見るほど馬鹿になる

と僕は思っている。

 

ヤフーニュースのコメント欄に生息している連中がその証拠だ。

彼らが身をもってニュースの無意味さを証明してくれている。

 

 

彼らの哀れさを見れば

ニュースを見ない人ほど幸せを引き寄せる

という説が正しいことがハッキリ分かるだろう。

 

-ぶっちゃけ

© 2022 チャマビアブログ Powered by AFFINGER5